top of page
  • 執筆者の写真Cegua

【けもみち報告】2024年6月28日の状況

 

 コスタリカの「トラピチェ統合農園」と弊所が協働して行っている「なまけものの通りみち」プロジェクト、開始から2年以上が過ぎました。

毎月農園のクリスティアンから農園の様子がわかる写真が送られて来ており、支援者の皆さまにはご自身の木が育っている様子をご覧いただいています。

 今回は、6/28時点の農園の様子をこちらにアップします。それぞれの木のそばにあるのが支援者さまの”ネームプレート”なのですが、お名前そのままの方、ニックネームの方、チーム名の方、好きなものの名前を付けた方…それぞれ個性があり、楽しいです。

 

 この写真ではわかりにくいですが、個別の写真を見ると、コショウがかなりの割合で実っているのがわかります。また、前回お伝えした通り、カカオにも花が咲き、実り始めています。うれしい!

 

 以下は、約2年前に植えた第一区画です。

 コショウとバニラの宿木となっているポロの木の樹冠が繋がってきているのがわかります。

 ナマケモノは、この樹冠を伝って移動します。

 彼らがここを”通りみち”にする日も近づいているかもしれませんね。




 こちらはまだ植え始めて日が浅いコーヒーの木たち。こちらもすくすく育っています。

 農園にはまだまだ木を植えるスペースが十分あります。これからもっと「なまけものの通りみち」のお仲間が増えますように、そしてナマケモノをはじめ、この地域に棲んでいる生きものたちと、わたしたち人間が共生できる場所がこの地球上に増えて繋がっていくように、願わずにはいられません。


「なまけものの通りみち」プロジェクトについては弊所サイト、またはREADYFORのサイトを是非ご参照下さい。


閲覧数:12回0件のコメント

Comments


bottom of page